ワイナリー通信

タケダワイナリーって実は挑戦者

Winery通信 SPRING Vol.67

 

昨年『日本ワイナリーアワード 5つ星』を受賞したタケダワイナリーですが、<シャトー・タケダ><キュべ・ヨシコ>を頑なに同じように造り続けているのではありません。品質向上や商品開発に取り組み進化(変化)を続けています。

『日本のグランヴァン』を継がれて13年経ちますが、改めて伺います。どうですか?

岸平:「またざっくりと(苦笑)。引継ぐときに『こんな時の止まったようなワインを造っていてはタケダの存続はない』と言って、父と叔父(営業)相手にやり合ってね。当時シャトー・タケダやキュベ・ヨシコが有名になり、先代としては、この良い酒を造り続ければ磐石という気持ちもあったと思う。でも、酒とて時代のいきもの。人々の欲するワインでなければ飲んでもらえない。仏ボルドーの老舗ワイナリーだって時代に合ったワインを造るから続いているのよ。人の暮らしが変われば飲まれるワインも変わる。時代に媚びるのではないけれど、"美味しいワイン"を追求し続けています。」

私の周りでも、バブル期にワインを飲んだか否かで好みが別れる気がします。熟成の進んだ重いワインが本格派だと思う世代に対し、今の若者はもっとナチュラルなワインを好む傾向にあります。タンク.JPG

岸平「それは世界的な今の流れです。機械化が進んで重労働が減り、脂肪分の多いこってりした食事は必要じゃない。軽いものを食べるのだからお酒もそうなる。でも、長年の個人的"美味しい"定義は簡単には変えらないから、世代差が出るのでしょう。私だって古い世代になってきているし。今の私は13年前の先代ですよ。順番ね。」

ええ?あなたが!?同い年としては衝撃的な言葉ですが...うーん。そうかもしれないな。ドーザー器具.JPG

岸平「現在、自社畑の1画を醸造担当の若手社員に任せピノ・ノワール種に取り組んでいる。栽培が難しい品種だから苦労しているようです。これが酒に出来るかは分からないけど、何でも試してみろと言っているの。違う品種に植え替えてもいいし。相談には乗るけど、手出し口出しはしないつもりで。」

畑1.JPG社長と若手、どちらにとっても辛抱ですね。

岸平「失敗なくて出来るようにはならない。私はここの娘だから、衝突しながらも萎縮することなく挑戦できた。社員はそうは行かないからね。今年は区画と担当者をもっと増やそうかなと思ってる。仕込みが一段落したらスタッフと話し合う予定です。」

入社7年から1年目までの若手。『プレッシャーになるのでは』と、今回この話を記事にする事を躊躇していた典子社長。その親心でビッシバッシ指導してるんだろうなあ。みんなの造るワインを楽しみに待ってますね。

 

なにしろうまい 【2019春編】

Winery通信 SPRING Vol.67

 

タケダワイナリー ペティアン ブランペティアン白 (1).JPG

爽やかな味わいと二次発酵の香りが特徴。これはチーズでしょ。

鶏胸肉を薄めの削ぎ切りにし、サラダ油をひいたフライパンに並べる。塩をふり、面積を3等分して①ケーパー②チリパウダー③乾燥オレガノを乗せる。ピザ用チーズを乗せふたをして焼く。イケルいける。チーズを試す。ハードタイプは美味しいが、カビ系はちょっと。青菜をからし醤油で食べてびっくり!!和からしが全く合わない。ちなみにわさびも×。葉物の青臭さが際立ち、タケダには珍しい現象。このワインの持つ複雑なフルーツ感に一番合ったのは、ウスターソース。コロッケが肴になっちゃう。そしてなんと、カラッと汁気なく仕上げたソース焼きそば。笑っちゃうけど旨いです。尚、乾しえび・青のりは抜きで。

 

タケダワイナリー ペティアン ロゼ ペティアン ロゼ (1).JPG

塩レモン+はちみつを加えたヨーグルトに鶏手羽先を一昼夜つけオーブンで焼く。皮つきじゃが芋の素揚げ。ズッキーニはベーコンの油で炒める。思った通り鶏や豚の油が合う。チーズもハード系が美味しい。わらびと油揚げの炒め煮もまあまあ。ペティアンブランよりはしょう油も合うようだ。油分がポイントか?と試したオリーブ油はあかん。

ジャーマンポテトが一番のお勧めかなあと思った時。チーズの代わりにバターを直食いしたヒトがいる。「コレ、イチバンアウ。」まさか、あ、本当だ。作家・吉行淳之介の母あぐりは、子供達が幼いころ"栄養価が高い"からとその枕元にバターを置いていたと聞く。

美味しいからといってバターをつまみに飲む大人はあかんと思う。

こちらもご覧あれ 【2018冬編】

Winery通信 WINTER Vol.66

 

「二子玉川物語 バー・リバーサイド2」

著:吉村喜彦 ハルキ文庫 定価 540円(税抜)

東京は二子玉川にある「バー・リバーサイド」のマスターとアシスタント、店を訪れる客たちの心優しい交流を描いた書下ろし小説です。著者の吉村喜彦氏は、NHK-FMの人気番組『音楽遊覧飛行~食と音楽で巡る地球の旅』でナビゲーターをされていた方。番組を聴いていたころ、食べるのも、飲むのも音楽も、間口の広い自由人というのが私の印象でした。その広い見識を持って描かれる世界に、ナント、岸平典子氏をモデルにした女性が登場します。仏国で学び、父の跡を継いで山形・上山でワインを造る"月子さん"。著者が「あなたがモデル」とおっしゃっておられるそうなので、間違いありません。

カウンターで出されるお酒と、合わせたひと皿が美味しそうなんですよ。私の近くにもこんなお店が欲しい。短編5話収録。

 ※バー・リバーサイド3も好評発売中

なにしろうまい 【2018冬編】

Winery通信 WINTER Vol.66

 

年末年始のパーティー的メニュー

 タケダワイナリー サン・スフル [赤] 2016年

サン・スフル赤.JPG

強い味に負けない旨味を信じる。フレッシュシェーブル(山羊のチーズ)+完熟いちじくのカナッペは彩りにチャービルを。舞茸+ベーコン+セロリ葉+黒オリーブ実のピザはトマトソース少なめで。ニンニク醤油に漬け込んだ手羽先はオーブンでカラリと焼く。う~ん、一等賞は山羊だな。ミルク感が大変良い。"水っぽくない食べ物"が鍵かな。

お客様の声 【マスカット・ベリーAがワイン用ブドウ品種になった...?】

Winery通信 WINTER Vol.66

 

マスカット・ベリーAがワイン用ブドウ品種になったと聞きました。どういうことですか。(宮城県 W.S様)

 

ご愛飲いただきありがとうございます。HP_ルージュ2017_750ml.jpgのサムネイル画像

ワイン用ブドウ品種とは、O.I.V.(Organisation International de la Vigne et du Vin 国際ブドウ・ワイン機構)が認めて登録した葡萄を指します。

 国際ブドウ・ワイン機構は、フランスに拠点を置く研究機関です。葡萄品種や葡萄栽培などワイン造りに関する研究のほか、ワイン醸造、ラベル表示などに関する基準の判定を行っています。

 EUでは、このO.I.V.に登録されている葡萄だけが表ラベルに品種名を記載できます。日本葡萄では2010年に白ワイン用の《甲州種》、2013年に赤ワイン用の《マスカット・ベリーA種》が登録されています。主に、輸出され海外で並ぶ際に関係してくるものです。

これからも、登録の有無にかかわらず品種による特徴、同一品種にあっても産地によるキャラクターの違いを楽しんでいただければ幸いです。

2018年のおさらい 畑のはなし

Winery通信 WINTER Vol.66

 2018年収穫ワインの出荷が始まりました。最初に発売されたのは《サン・スフル白》です。葡萄の熟度の高さを感じるとっても美味しいワインになっています。

 さて、冬号恒例、岸平典子社長に2018年の畑の話を聞いてきました。 

今年もやんばい暑かったですね。8月に伺った時には、葡萄は全般的にとても良い出来だと話されていました。

まずは白葡萄についてお話ください。棚つくりのベリーA古木 作業しにくい樹の高さ.JPG

岸平「今夏は日照りで苦戦した農家さんが多かったですね、お盆までは。水遣りをして凌いだ話も聞きましたが、連日の暑さで葡萄の糖度が上がり豊かな味わいの果実が生りました。果実は、日中の暑さで糖ができ、夜の低温で酸を保持します。今年は夜温が下がらず葡萄の酸が下がると予想。そこで初の試み、デラウェアの一部早摘みを行いました。完熟デラと分けて醸しています。」

ワインにする時にブレンドするのですね。

岸平「そう。いい感じに仕上がって喜んでいるところです。」

赤ワイン用の黒葡萄はどうですか?明日(2018年10月8日)から自社ベリーAの収穫がはじまるそうですね。

岸平「う~ん。お盆以降がねえ。黒葡萄のベレゾン期(色付き期)に雨がだばだば降り、のち台風です。雨による病気を逃れることができた樹も、強風で葉が傷み、望ましい光合成ができないものもありました。そうすると色付きなどに影響がでます。」

もったいないなあ。今年の黒葡萄はあまり良くないですか?葡萄は厳しくチェックされる.JPG

岸平「畑によりますね。きちんと管理され手を掛けた畑の葡萄は、質はそれ程落ちない。収量は減りますけどね。いつも良質の葡萄を作ってくださる農家さんは、今年も間違いのない原料を納入して下さいました。ちなみに自社畑もなかなか良い出来ですよ、ちょっと少なくなるけど。」

ベリーAの次がBQ(ブラック・クイーン)収穫ですか?

岸平「そこが例年と違ってBQは終わっています。今年はBQが熟すのがぐっと早くて、ベリーAと順が逆になりました。明日から一週間ベリーAの収穫、終わったところでカベルネに入る予定です。

温暖化の影響だろうけど、BQに限らず年々葡萄の生長が早まっていますね。栽培も醸造も、目を離さず手を掛ける事が大事ですね。」

 

取材日は10月7日。お盆以降一日も休みがないとのお話でした。ちょっとしぼんだか(失礼!)に見えるくらい、顔がほっそり痩せちゃってましたが、表情は充実して自信がうかがえました。今年の造りに手応えを感じておられるのだろう、と飲むだけのヒトはほくそ笑んで帰宅したのでした。

タケダに酒神の恵み多からんことを!

山形の夏は暑かった!

Winery通信 AUTUMN Vol.65

2018年7月7日・8日の二日間「やまがたワインバル2018 in かみのやま温泉」が開催されました。私も参加した一大イベントの報告書です。

7月7日(土)vlcsnap-2018-09-10-14h07m37s241.png

初日はワインバル。私もエプロン着けてタケダのブースに入る。雨が降ったり止んだりで、湿度が高くじっとり暑い。

雨ニモマケズ会場一番乗りは、500ml缶ビールを片手に盛り上がる美女軍団(ワイン販売開始にはまだ時間がある)。気合の入り方が「本気と書いてマジと読む」人々が年々増えている気がする。それだけ祭りとして定着したということかな。

お城が改修工事中のため会場ブースの場所が昨年までと違う。「探しちゃったわ」と神奈川から毎年訪れているという素敵なご夫妻が来店。サン・スフルが大好きだとおっしゃるおふたりに「毎年同じ味は造れませんでムニャムニャ」とつい言い訳がましくなる。「あら!それがいいのよ。今年も楽しみ。良い葡萄が採れるといいわね。」うれしいなあ。

《サン・スフル》《クリオエクストラクシオン》が人気。実は本日の目玉は《アッサンブラージュ ルージュ2012》ワイナリーに行っても飲めない買えない本日限定の1杯。

  

7月8日(日)P7080962.JPG

二日目はワインツーリズム。お客さまが巡回バスで上山―南陽のワイナリーを自由に巡る。タケダでは岸平和寛専務によるワイナリー見学会、有料試飲コーナー、フードブース3店(イタリアン・パン・日本料理)を準備。売店では本日限定の商品も販売している。

 

 P7080939.JPG《タケダワイナリー》は1杯100円、《ドメイヌ・タケダ》は1杯500円と、ツーリズム事務局スタッフも驚きのリーズナブルな値段。今日を逃すと手に入らないアイテムもあり、お客さまにも好評だった。

 私は昼まで試飲の売り子、その後オプションの特別ツアー『典子社長によるメーカーズランチ』の取材。乾杯を機に離れ、巡回バスに乗りよそさまの様子を見に出かけた。上山発バスが大変な遅れで、赤湯温泉街に到着したのは、戻りバスの出発8分前!バス停に一番近い酒井ワイナリーまでダッシュし、2・3枚写真を撮ったところで時間切れ。エー!?仕事だから飲めないにしろ、もっと見て歩きたかった。残念無念。復路はグレープリパブリックで途中下車。これぞ"フェスティバル"って感じで晴れやかな雰囲気。充満するエネルギーに圧倒される。

 バス中でもお客さん方が皆楽しそうだった。全ワイナリーを巡るには一日では足りないのではなかろうか?足らなかったところは、皆さんまた来年お会いしましょう。

 

 

お客様の声【アイスワインとクリオエクストラクシオンは何が違う?】

Winery通信 AUTUMN Vol.65

 

同じデラウェア種を原料に、同じ製法での氷結ワインとの事ですが、HP_クリオエクストラクシオン2017_750ml.jpg

<アイスワイン>と<クリオエクストラクシオン>はなにが違うのでしょうか。

神奈川県 M様

 

いつもご愛飲いただきありがとうございます。<タケダワイナリー クリオエクストラクシオン>は、<蔵王スターアイスワイン白>の後継商品として発売しています。M様のおっしゃる通り、どちらも人工凍結したデラウェアを原料にした甘口白ワインです。

移行するに当たり、より質の高いワインにするため醸造工程を見直しました。

①     原料について、買い付け葡萄のなかでもよりグレードの高い葡萄を使用しています。

②     凍結した果実を搾汁機にかける際に、早い段階で搾るのを止め、解けでた水の少ない濃縮度の高い果汁を採取しています。

③     醸造過程での徹底した品質管理。分析による数値と複数の醸造担当者の五感を使い、一日に何度もチェックを行います。

以前にくらべ、葡萄10㎏あたりから採れる果汁は少なくなりましたが、完熟デラウェアの美味しさを余さず伝えるワインだと自負しております。山形を代表する葡萄デラウェアをご堪能ください。

 

なにしろうまい 【2018秋編】

Winery通信 AUTUMN Vol.65

 

タケダワイナリー サン・スフル[白] サン・スフル白 うまい.JPG

うま味をたっぷり含み、酸がさわやかな酒は食べ物に合わせやすい。具だくさんの塩焼きそばを作って元気に飲もう。豚肉、えび、玉ねぎ、エリンギ、アスパラガス、セロリ、トマト。にんにくの香りを利かせて、鶏ガラスープの素、黒コショウ、塩で味を調える。最後にちょびっとだけ醤油をまわし入れ、香ばしさを出す。とても合います。

 

ドメイヌ・タケダ ベリーA古木[赤] ベリーA古木 うまい.JPG

2016年収穫、抜栓1日目は洋風料理に合いそうだ。上品な味わいが活きるように、複雑な要素を持ったシンプルな料理を目指す。ラムのハンバーグだな。羊肉ロース3:モモ2の割合で焼肉用を購入(羊ひき肉が手に入らなかったので)、出刃で叩いてひき肉にする。玉ねぎ、セロリは葉も一緒にみじん切りにし、ボウルに入れる。クミンシード、コリアンダーシード、オールスパイス(ホール)を油で炒って香りを出し、熱々をボウルの野菜にジュッとかける。羊肉、卵、塩、クミン粉、チリパウダーを入れて練る。丸めてフライパンで焼く。アボカド、水切りヨーグルト、バジルの葉を添えて盛る。のっけて一緒に食べるのもオススメ。手抜き感満載のハンバーグだけど、家族も絶賛の美味さ。無論ワインとの相性も最高。

 

こちらもご覧あれ 【2018夏編】

Winery通信 SUMMER Vol.64

「WINES of JAPAN 日本のワイン」

 

著:髙橋梯二 原田喜美枝 小林和彦 齋藤浩

イカロス出版 定価 2,300円(税抜)

 日本のワインを世界に売り出さんとするお国の方針を受け、ワインを巡る規定がいろいろ定められ、表示法も変わり、施行される今年。外国人、もしくはその案内人むけに日本のワインとワイナリーのガイドブックが出ました。

 なんと、ページ見開きで和英併記になっております。山梨、長野、山形、新潟、北海道と東日本のワイン造りについて、由来・品種・現況を紹介。ピックアップした何軒かのワイナリーを取材しています。タケダワイナリーではワインコンクールに参加していない事にも触れてあり、国内向けのガイドブックとは少し視点が異なる印象をうけました。

左に和文、右に英文の構成で文章が対になっていますので、英語の勉強にもなります。

和英対訳 A Comprehensive Guide to Wines and Wineries of Japan

月別記事一覧

カテゴリー



著者プロフィール

菅井由美子(すがいゆみこ)
山形市在住/弊社社長、岸平の高校時代からの友人。成人から高校生の3人の子供の母親。葡萄収穫をはじめ、ワイナリーでのいろいろな仕事の経験がある。それを活かしつつ、タケダワイナリーの今の様子をレポートタッチでお伝えしています。