ワイナリー通信

こちらもご覧あれ 【2018夏編】

Winery通信 SUMMER Vol.64

「WINES of JAPAN 日本のワイン」

 

著:髙橋梯二 原田喜美枝 小林和彦 齋藤浩

イカロス出版 定価 2,300円(税抜)

 日本のワインを世界に売り出さんとするお国の方針を受け、ワインを巡る規定がいろいろ定められ、表示法も変わり、施行される今年。外国人、もしくはその案内人むけに日本のワインとワイナリーのガイドブックが出ました。

 なんと、ページ見開きで和英併記になっております。山梨、長野、山形、新潟、北海道と東日本のワイン造りについて、由来・品種・現況を紹介。ピックアップした何軒かのワイナリーを取材しています。タケダワイナリーではワインコンクールに参加していない事にも触れてあり、国内向けのガイドブックとは少し視点が異なる印象をうけました。

左に和文、右に英文の構成で文章が対になっていますので、英語の勉強にもなります。

和英対訳 A Comprehensive Guide to Wines and Wineries of Japan

月別記事一覧

カテゴリー



著者プロフィール

菅井由美子(すがいゆみこ)
山形市在住/弊社社長、岸平の高校時代からの友人。成人から中学生の3人の子供の母親。葡萄収穫をはじめ、ワイナリーでのいろいろな仕事の経験がある。それを活かしつつ、タケダワイナリーの今の様子をレポートタッチでお伝えしています。