ワイナリー通信

今年もお待ちしています。山形ワインバル

Winery 通信 2016 spring Vol.55

ちょっと先になりますが夏のお話をひとつ。『やまがたワインバル inかみのやま温泉』が今年も開催決定!陽気なワインのお祭りが温泉町を舞台に繰り広げられます。上山にある2ワイナリーをはじめ、上山産葡萄を使用している県外ワイナリーも参加。美味しい山形フードを味わいながら太陽の下で飲むワインは格別です。地元の酒は地元の食ですよ。

今号は私の〈2015体験記〉です184A5327.jpgのサムネイル画像

2015年7月5日(日) 電車が山形駅のホームから混雑しているのは『ワインバル』が理由だった。かみのやま温泉駅で大半が降りる。祭り開始は14:30、まだ午前中なんだけど。タケダワイナリーの出店は、メイン会場ステージ前。準備はスタッフがあらかた終えていた。祭り事務局テントより早いかも。「サン・スフルを開ける時間かがっしね」などと冗談をかわしつつ、大量の氷塊を発泡スチロール

箱に入れ、ワインをつっこんでいく。端っこで手伝いながら皆の手際良さに舌を巻く。

 184A5892.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像13時頃「まだ飲めないの?」と来るお客様が出始めた。現金販売のフードと一緒に昼食を、といったところか。14時過ぎにワイン供給開始。来場者は受付でグラスを受取り、気になるワイナリーのブースへ。券と引き換えにワインを購入する。会場が坂であるため店が散開していて、購入者の列もまずまず。ローカル色が大変よい感じです。東京から来たご夫婦が「ヴァンダジェで美味しかったから来てみたの」と来店。浴衣が良くお似合いですね。「着付けてもらったのよ。」浴衣持込みの方には無料で着付けをしてくれるコーナーもあるそう。

 この日タケダが用意したのは5銘柄。蔵王スター赤・白辛、アイスワインロゼ、サン・スフル白・シードル(...辛口が多いなぁ)「ジュースっぽいと敬遠していたけど、このベリーAは辛口で美味しい」と驚く方、「私シードルだけで6杯目。ウフフ」と追加チケットをひらひらするツワモノ。様々なお客さまとの会話が楽しいです。途中足りなくなり追加ワインをワイナリーから運び込む。会場まで車が入れないので、下の道から石段を駆け足で数往復。うおお部活動みたいだあ。

祭り後半、典子氏と下まで下り、武田家馴染みの魚屋さんで穴子白焼きを食べた。焼きが上手でとっても美味しい。184A5630.jpgのサムネイル画像自家製ソーセージの屋台や、ホテルメイドのライスコロッケ、山形牛の煮込みetc。上山らしいなと思ったのは果実盛り合わせまであること。お菓子屋さんのかき氷も人気でした。

郷のお祭りにお呼ばれしたかのような、懐かしさを感じます。2016年は、7月9日の土曜日開催ですので、温泉に泊まりながらゆっくり来てけらっしゃい。

詳しくは、こちらをご覧ください。

 

月別記事一覧

カテゴリー



著者プロフィール

菅井由美子(すがいゆみこ)
山形市在住/弊社社長、岸平の高校時代からの友人。成人から中学生の3人の子供の母親。葡萄収穫をはじめ、ワイナリーでのいろいろな仕事の経験がある。それを活かしつつ、タケダワイナリーの今の様子をレポートタッチでお伝えしています。